a0002_002113

単身者が引っ越しをする場合、荷物が少なければ引業者の単身パックを利用する事をお勧めします。

自力で引っ越しをしようと考えるよりもずっとコストを抑える事が出来るのです。

各業者で色々な単身者向けのサービスを展開しています。

とにかく、何でもいいからコストを抑えるに越したことないと言う人には特に時間指定もない、午後出発で他の人の荷物と相乗りするプランなどもあります。こうした場合は通常3万円ほどかかる料金が1万円程度で済んでしまう事が多いようです。

ここまで、抑えるのにはポイントがあります。

見積もりは複数の会社にしてもらう事。

ネットで、単身パックの一斉比較など出来ますのでそれを利用するといいでしょう。

複数の見積もりを取って比較すると大体の相場が分かるので、一番安いところを選べますし、他の業者への値段交渉の材料にもなります。

〇〇社は、お宅よりいくら安いですというと、その金額より下げてくれる事が多いのです。

値段交渉は基本的に絶対しましょう。

荷物はなるべく減らします。単身パックとはは少ない荷物を運ぶサービスなので、少量であれば他の人の荷物と一緒に運ばれます。

そうする事によって、トラックや作業員が使われることがないため、トラック賃貸料金や人件費をゼロに抑えられるので、引越し料金が大幅に安くなるのです。

単身でも荷物が多い人は、単身パック扱いにならずに通常料金となってしまいます。

いかに荷物を減らすかが大きなポイントとなってきます。

また、各業者によって単身パックの箱の大きさは違うのでしっかりとそこも確認しておかないといけません。

やけに安いなと飛びつくと実はBOXの大きさが他社より小さめだった。

あんなに物を無理して処分しなければ良かったなどという事も起きてきます。

運べるサイズから金額までかなり違うので、良く考えずに選ぶと非常に損をする形になってしまいます。

引越し日は平日がいいでしょう。

引越しを土日にすると費用が高くなります。

多くの人が休みの日に引っ越そうと思うので高くなってしまうのです。

平日でも月曜日、火曜日、水曜日、木曜日までは安いようです。

平日に更に割引をしてくれる業者もありますので、チェックしましょう。

人事異動の多い、3月、4月、9月も高めです。

時期によっても料金が変わってくるので、気をつけましょう。

引っ越し料金やサービス範囲は、業者ごとに大きく違います。

良く確認して条件の良いところを探しましょう。